免許用語辞典

運転免許に関わる用語を解説します

免許に関する用語

免許の種類について

自動車の種類について

教習に関する用語

教習所について

お申し込みの際

免許用語の意味

免許の種類について

一種免許
一種免許とは自動車原動機付自転車を運転しようとする場合に必要な免許です。(第二種運転免許が必要な場合を除く)
いわゆる一般的な免許はこれですね。
ページの上へ
二種免許
二種免許とはタクシーやバスに代表される旅客自動車(有償)を旅客運送のため運転する時に必要な免許です。 その他運転代行業務などにも必要になります。また、受験するには普通免許(一種免許)交付後3年以上経過していなければなりません。 種類は大型二種普通二種、中型二種、大特二種、牽引二種があります。
ページの上へ
仮免許
仮免許とは路上での練習や教習または試験検定を受ける為の免許で大型仮免許・普通仮免許(AT限定仮免許を含む)・中型仮免許の3種類があります。
ページの上へ
普通免許
普通免許とはいわゆる普通自動車を運転するための免許です。 マニュアル車(MT車)・オートマチック車(AT車)どちらでも運転できます。その他に小型特殊自動車原動機付自転車を運転することもできます。 18歳未満の方は取れません。
ページの上へ
普通免許(AT限定・オートマチック限定)
普通免許で運転する事ができる自動車の中で普通自動車はオートマチック車(AT車)に限り運転する事が出来る条件付の免許になります。 またAT限定で免許を取る場合、技能教習が3時限短縮され教習料金も安くなるようです。
ページの上へ
普通二輪免許
普通自動二輪車小型特殊自動車原動機付自転車を運転する事が出来ます。 昔は中型免許、いわゆる”中免”と呼ばれていたものです。16歳未満の方は取れません。
ページの上へ
普通二輪免許(小型限定)
普通自動二輪車の中でもエンジンの総排気量が50ccを超え125cc以下の二輪車を運転することが出来ます。 その他、小型特殊自動車原動機付自転車を運転する事が出来ます。
ページの上へ
大型二輪免許
大型自動二輪車普通自動二輪車小型特殊自動車原動機付自転車を運転する事が出来ます。昔で言えば限定解除ですね。 限定解除と呼ばれていた時代には試験場で技能試験を受けなければなりませんでしたが、今では指定自動車教習所を卒業すれば技能試験が免除されます。 18歳未満の方は取れません。
ページの上へ
AT限定二輪免許(小型・普通・大型)
平成17年6月1日に導入された免許で、自動二輪の運転においてAT車(オートマチック車)のみ限定で運転する事が出来る免許です。 バイクは乗りたいがスクーターしか乗りたくないって方には最適。
免許の種類はAT限定大型二輪免許、AT限定普通二輪免許、AT小型限定普通二輪免許の3種類。
ページの上へ
大型免許
大型自動車中型自動車普通自動車小型特殊自動車原動機付自転車を運転することが出来ます。所持免許の条件は、 普通免許または大型特殊免許を現に受けており、 これらの免許のいずれかを受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算して3年以上です。
ページの上へ
大型特殊免許
大型特殊自動車小型特殊自動車原動機付自転車を運転する事が出来ます。18歳未満の方は取れません。
ページの上へ
牽引免許(けんいんめんきょ)
大型免許普通免許大型特殊免許などを既に持っている方しか受験資格がありません。これらの既に持っている免許で運転できる自動車で牽引する為の免許です。
ページの上へ
普通二種免許
二種免許の中でも普通二種免許は主にタクシーを運転する為の免許です。その他運転代行業などにも必要になります。指定自動車教習所で教習を受け卒業すれば技能試験が免除されます。受験するには普通免許(一種免許)交付後3年以上経過している必要があります。
ページの上へ
大型二種免許
二種免許の中でも大型二種免許は主にバスを運転する為の免許です。指定自動車教習所で教習を受け卒業すれば技能試験が免除されます。また受験するには普通免許(一種免許)交付後3年以上経過している必要があります。
ページの上へ
原付免許
原動機付自転車を運転することが出来ます。
ページの上へ
小型特殊免許
小型特殊自動車を運転することが出来ます。
ページの上へ
中型免許
中型自動車普通自動車小型特殊自動車原動機付自転車を運転することが出来ます。 普通免許又は大型特殊免許を現に受けている者に該当し、かつ、当該いずれかの免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く) が通算して2年以上若しくは3年以上が受験資格となります。
ページの上へ

自動車の種類

自動車
自動車には自動二輪を含みます。原動機付自転車は含みません。(自動車等となった場合は原動機付自転車を含みます)
ページの上へ
普通自動車
普通自動車とは乗車定員が10人以下の乗用自動車です。(車両総重量5,000kg未満、最大積載量3,000kg未満)
ページの上へ
大型自動車
大型自動車とは乗車定員30人以上、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上のものです。
ページの上へ
普通自動二輪車
普通自動二輪車とはエンジンの総排気量が50ccを超え400cc以下の二輪の自動車です。(側車付きのものを含む)
ページの上へ
大型自動二輪車
大型自動二輪車とはエンジンの総排気量が400ccを超える二輪の自動車です。(側車付きのものを含む)
ページの上へ
大型特殊自動車
大型特殊自動車とはエンジンの総排気量が1500ccを超える特殊な構造のもので、特殊な作業に使用する自動車です。(カタピラ式のもの等)
ページの上へ
小型特殊自動車
小型特殊自動車とはエンジンの総排気量が1500cc以下の特殊な構造のもので、最高速度が15km/h以下のものです。
ページの上へ
原動機付自転車
原動機付自転車とはエンジンの総排気量が50cc以下の二輪です。また、総排気量が20cc以下の三輪以上のものです。
ページの上へ
中型自動車
大型自動車普通自動車の中間に位置する自動車です。 車両総重量が5トン以上11トン未満、最大積載量が3トン以上6.5トン未満、乗車定員が11人以上29人以下のものです。
ページの上へ

教習に関する用語

技能教習
技能教習とは運転の技術を教わる教習です。実際の技能教習の時限には「坂道発進」や「狭い道を通過する」などの課題があり、 その課題がクリアできなかった場合は次の時間にもう一回…となり結果的に教習時限数が増える場合があります。 この場合、追加料金が発生する可能性があります。
ページの上へ
学科教習
学科教習とは運転に必要な知識を教わる教習です。教本やビデオ、模型などを使い行われます。
ページの上へ
1段階
技能教習学科教習は2段階に分かれています。
1段階の技能教習は教習所内で行われます。
1段階の技能教習では1日2時限までしか教習を受ける事ができません。(学科教習において1日の教習時限は特に制限はありません)
ページの上へ
2段階
技能教習学科教習は2段階に分かれています。
四輪の技能教習において2段階は主に路上で行われます。(二輪や大型特殊の教習では路上教習はありません)
2段階の技能教習では1日3時限まで教習を受ける事ができます。(学科教習において1日の教習時限は特に制限はありません)
ページの上へ
みきわめ
みきわめでは1段階の最後と2段階の最後の技能教習の時限にそれぞれの教習を修了してよいか教習指導員が判断します。
ページの上へ
修了検定
修了検定とは1段階の教習が身に付いているか、また路上の教習に出ても良い技量が身に付いているかを見る運転のテストです。教習所内で行います。
ページの上へ
卒業検定
卒業検定とは1段階及び2段階の教習が身に付いているか、また今後一人で運転しても大丈夫な技量があるかを見る運転のテストです。 教習所内及び道路で行います。
ページの上へ
技能試験
技能試験とは試験場で行われる運転技能の試験のことを言います。指定自動車教習所を卒業し有効な卒業証明書を有する者はこの技能試験を免除されます。
ページの上へ
学科試験
学科試験は主に運転免許試験場で受けます。しかし指定自動車教習所に通う方が仮免許を取る際に受ける仮学科試験は指定自動車教習所で受けます。 (指定自動車教習所へ通っている方も本学科試験は免許試験場で受けます)
ページの上へ

教習所について

指定自動車教習所(公認の教習所)
指定自動車教習所が発行する有効な卒業証明書または修了証明書を有する者に対しては免許試験のうち技能試験が免除されます。 これに対し指定外の教習所では運転の練習をする事はできますが技能試験は免除されません。
ページの上へ
指定外自動車教習所(非公認・未指定)
運転の練習を行います。教習ではありません。技能試験が免除されません。
ページの上へ
通学免許
通学免許とは自宅から教習所に通うプランです。8割~9割の方が選択されており、年間を通じて料金が安定しています。教習の他に予定(学校やバイトなど)がある方にはオススメです。
ページの上へ
合宿教習
合宿教習とは教習所の寮や周辺の宿泊施設に泊まり、短期間で教習カリキュラムを消化するプランです。季節によって料金が変動します。
ページの上へ

お申し込みの際

所持免許
教習を受ける際にはお持ちの免許によって料金が変わる場合があります。これは既に持っている免許のおかげで学科教習が免除される場合がある為です。

例)
免許なしor原付免許
免許を何も持っていない方と原付免許を持っている方は同じ扱いです。
原付免許を持っていても学科教習が免除されない為です。

二輪免許所持
自動二輪の免許を所持されていると学科教習が免除されますので料金が安くなる場合があります。
大型自動二輪免許所持と普通自動二輪免許所持の違いでは料金は変わりません。
ページの上へ
オプションコース
お申し込みされる際にオプションコースを選択されることによって自分に合った教習スタイルを選ぶ事が出来ます。 オプションの詳細は料金ページをご覧下さい
(例)
追加料金なしのプラン

精神的プレッシャーを軽減できます。
「・・・この時限で課題をクリアしないといけない・・・」
「・・・最終的に教習料金はいくらになるのか?・・・」
教習所によって呼び方が違います。
また年齢によっては最初から追加料金が掛からない場合もあります。
各教習所の詳細ページでよくご確認ください。
短期卒業プラン
とにかく早く免許を取得したい方にオススメのプランです。
卒業までの技能と学科の教習予定が最初から組まれているプランや、自分の都合に合わせて日時を組めるプランなど様々です。
呼び方なども教習所によって様々です。
ページの上へ
セット教習
二輪免許と四輪免許、または大型免許大型特殊免許などを同時に取得するプランです。入学金などが1回で済みますので別々に取得するより料金的にお得になります。
ページの上へ

MENU